習い事は、未来のあなたへの投資です。思い切って興味がある世界に飛びこんでみましょう。プライベートが充実することで仕事にもいい影響が及びます。タスクに追われる社会人だからこそ、習い事をはじめる意味やメリットは大きいのです。仕事を終えてベッドに入るまでのあいだ、あなたは何をしていますか。朝のプラチナタイムをどれだけ意識していますか。習い事のために使えるスキマ時間は、生活のいたるところに潜んでいます。

習い事をはじめる意義

子供のころ、習い事をしたという人は多いですが、自発的に通った人の割合は少ないものです。親が子供のためになると思ってすすめたというケースがほとんどだからです。技能が身につき、やってよかった。そう感じている人でも、いまの生活に生かされているかと問われれば言葉に詰まります。社会人になってからはじめる習い事は、自発性にこそ最大の特徴があります。「真に心が動いたから、半歩先へ進もうと思った」。大人だからこそ続けられる意義がそこにあるのです。

習い事をはじめるメリット

習い事をはじめると生活のなかに、以下のような刺激と癒しと豊かさが加わります。

見識や視野が広くなる

家と職場を往復していた時とは違い、単調な毎日に鮮度のいい刺激が加わります。仕事とは無縁の何かにチャンレンジすることで、感性や知性に良質な栄養が与えられるからです。仕事を新しい視点からとらえ直すこともできるため、社会人としての成長を促してくれます。

新たな交流が生まれる

職場の環境が激変することはあまりありません。とくに日本企業で働いている場合は人間関係の深度と充実を求められがちです。しかし、習い事をはじめれば、違った職種や違った人間関係のなかで生きる人たちと心を通わせることができます。その経験を重ねることは、アフターライフに厚みのある豊かさを与えてくれます。

スキルアップできる

新しい資格を取得することで、いまの自分に足りない知識や技能を身に着けることができます。仕事に生かすことで成績が上がれば、おのずと評価もアップします。具体的な資格を得ることはなくても、確実に経験値が上がります。習い事をはじめるまえよりも成長した自分に気づくことができれば、続けるための動機付けにもなります。

副業に繋がる

副業が禁止されていなければ、資格や経験を生かして副収入を得ることも可能です。まして、いまの仕事を定年まで続けられる保証はありません。不測の事態に陥ったとき、本業で得られた経験に習い事から得られた技能や知識が加われば大きな味方になってくれます。

体力を取りもどせる

スポーツに関係する習い事をはじめれば、体力の維持や増進はもちろん、ダイエットにも直結します。プロポーションの変化が実感できると、正しい食事にもこだわるようになり、ハードワークや不摂生で失われつつあった健常を取りもどすことができます。

気分転換になる

仕事とは違った何かに心を砕く。集中する。汗を流す。リフレッシュのカギがそこにあります。生活環境が違う誰かと一緒に、大好きな何かを夢中になって話すことで得られる爽快さもあります。習い事だからこそ100%の癒しになるのです。

時間の使い方が上手くなる

通勤時間や昼食後の30分といった、これまで漫然と費消していた時間に自然と気持ちが行き届くようになります。仕事をこなす効率も上がります。デキる社会人は多くの時間を持つと言われるゆえんです。工夫次第で時間が捻出できると知れば、習い事に費やせる時間の質も向上します。