習い事と仕事を両立させるために

これをやりたい、あれをやってみたい。いまの生活に潤いが感じられなくなったときほどそう思うものです。自分への投資だから、このさい思い切って経験してみる、という気持ちは大事ですが、早い段階で挫折する人がいるのもまた事実です。仕事と両立するためには以下のポイントを問い直してみる必要があります。

予算は

せっかく自分で稼いだ軍資金です。いつかはじめようと、コツコツ溜めた人も多いでしょう。予想外の出費が重なって続けられなくならないよう、準備を整える必要があります。初期費用はどれくらいかかるのか。続けるうちに、技能のレベルをよりアップさせるために、必要となる新たな費用はないか。多方面から情報収集し、自分の収入と照らし合わせ、納得することができたらはじめましょう。

通えるか

仕事を終えたあとは疲れています。習い事を続けるためには、距離や移動手段はハードルになりやすいものです。遠い場所にあれば、移動時間をとられて効率的ではありません。習い事をするうえで、面倒だと思うことが何よりの敵になるのです。移動手段が容易に確保されない、スケジュールのアレンジに手間がかかりすぎる、ということもネックになります。同じ種類の習い事で、より近い場所がないか再確認してみましょう。

目的は

衝動的にやりたいと思うことは珍しくはありません。憧れ、という心が働けば、気持ちは勝手に先へ先へと進もうとするものです。そんなときほど、自分はなんのためにその習い事をはじめようと思っているのか、と自問してください。誰かの意見に感化され、流されているだけかもしれません。要は、自分の未来像を具体的に描くことができるかどうかということ。新しい人間関係を望んでいるのなら、新しい輪のなかに入り、笑っている自分が見えればいい。資格を得て仕事に生かしたいなら、最大の評価を受けている自分が見えなければなりません。気軽さだけを求めているのなら、純粋に楽しんでいる自分が思い浮かぶでしょう。習い事にチャレンジする主人公はあなたです。