仕事は忙しいけれど、スキルアップや趣味、健康のために習い事を始めたい、という社会人の方は多いのではないでしょうか。習い事は自分を成長させるだけでなく、それがきっかけで新しい出会いが増え、なかには転職や結婚につながったという人もいます。しかし、習い事と仕事を両立できるのかどうかは悩ましいところです。ここでは、社会人から始める習い事のメリットや仕事との両立のやり方などをご紹介します。

社会人が習い事を始める意味とは何か

資格取得や語学教室、フィットネスに料理教室など、社会人の習い事も子供に負けず劣らず充実しています。しかし習い事を始めるにはそれなりの費用と時間がかかります。忙しい社会人であれば、習い事の時間を確保するだけで大変です。にもかかわらず、社会人の習い事が人気なのは、習い事を通じて何かが得られるからではないでしょうか。大人が習い事を始める理由は「スキルアップのため」「趣味を充実させたいため」などそれぞれですが、習い事を通じて資格を取得したり、趣味の分野で認められたりすると、人はもっと上を目指そうと努力します。努力することは必ずしも実を結ぶとは限りませんが、努力は人を成長させ、人生を豊かにしてくれます。他にも、習い事を通じていろいろな人に出会うことで新たな価値観を持つことができます。習い事を始めて新しいことを学ぶことは、そのきっかけを与えてくれるのです。

社会人から始める習い事にはメリットがいっぱい!

これから習い事を始めたいという方のなかには、子供の頃、学習塾やピアノ教室、水泳などの習い事に通っていた方もいるでしょう。このような習い事は子供の意欲や興味を伸ばし、交友関係を広げてくれます。しかしそれは、子供に限らず大人にも言えるのです。社会人が習い事をするメリットをいくつか挙げてみましょう。

知識が増えることで将来の可能性が広がること

ある調査によると、大人が習い事を始める理由として最も多かったのは「スキルアップ・自分磨きのため」で、調査対象者の約6割に上りました。会社勤めをしていると、語学やパソコン、金融などの知識がどうしても必要です。またキャリアを積んだり、昇進したりするのに保有している資格が有利に働くこともあります。語学や資格試験のための習い事は知識を増やし、仕事や転職に役立ちます。その他の習い事であっても、興味のあることにチャレンジすることは自分を成長させ、将来の可能性を広げることにつながります。

趣味やスポーツに打ち込むことで生活が充実すること

ワーク・ライフ・バランスとは、仕事と生活の調和を目指すものです。生活を充実させることで仕事の効率もあがり、プライベートでさらに時間が使えるようになる、といった好循環が生まれます。大人の習い事で最も人気なのは「スポーツ・フィットネス」(トレーニングやヨガ、ゴルフなど)であるという調査結果がありますが、趣味やスポーツに打ち込むことはストレス発散や健康の維持に効果的です。生活が充実している人ほど幸福度が高く、仕事にもやりがいを感じるようです。

新たな出会いの場を提供してくれること

文部省が2017年に発表した「日本人の海外留学状況」によると、海外留学している学生数は短期留学も含めて2016年では96641人でした。特に富裕層は、世界中の富裕層の子息とつながりを求めて子供を海外に留学させることがよくあります。こうして広がった人脈は、ビジネスにおいて特に強い力を発揮します。人との出会いや人脈は、それほど大切なものなのです。一方で、社会人になると「出会いがなくなった」という話をよく聞きます。仕事が忙しくて自由な時間がない、自宅と会社の往復で行動範囲が狭くなったなど、理由はさまざまですが、人脈を広げる機会が減ってしまったことは大きな損失です。習い事に通うことは、資格試験に合格したい、趣味を楽しみたい、など共通の目的や興味を持つ人と出会うことができます。年齢や性別を問わず、幅広い層と人脈を構築することは、仕事に有利に働いたり、異性と恋愛に発展したりすることもあります。