社会人になるとなかなか自分のための時間を作れなくなってきます。でも大人になってから習い事を始めてみると、子供の頃以上に自分の生活に潤いと刺激を与えてくれるかもしれません。社会人としてのスキルアップを目指すもよし、趣味を追求するもよし、リフレッシュを目的にするのもよし、自分に合った習い事を探してみてはいかがでしょうか。目的に合わせた習い事の選び方をタイプ別にまとめてみました。

毎日の生活で足りないものを、習い事で解消しよう

大人になって仕事や生活に追われるようになると、つい自分のことは後回しになってしまいますよね。けれどもこのままだと新しいことを学んだり、自分をスキルアップする機会がないことに密かな焦りを感じている方も多いのではないでしょうか。また、運動不足やリフレッシュ不足で、自分の心身の健康に不安を抱いている方もいるかもしれません。毎日同じ生活が続いて、好奇心やワクワクすることから遠ざかってしまっている方もいるかもしれません。

そんな時こそ、新しい習い事に挑戦してみるチャンスです。忙しいからと敬遠していても、いざ習い事を始めてみると、意外と自分の時間を有効に使えるようになるのではないでしょうか。誰かに与えられた義務ではなく、社会人になったからこそ自分で選べる自分だけの時間。だからこそ、自分が楽しめること、スキルアップになることなど、目的を決めて選びたいですよね。

ここでは習い事の種類を、リフレッシュ型、学び型、趣味追求型、交流型と4つに分けて、その人に合うタイプのジャンルを提案してみました。習い事に求めることは人によって様々。自分の生活に足りないものを見直して、自分が楽しめることを始めてみてはいかがでしょうか?もう大人なので、合わなければ辞めて次の習い事を始めても誰にも怒られません。気軽に自分のために始めてみましょう。

なんとなく体や気持ちが重くなっているタイプには、リフレッシュ型の習い事

社会人の習い事を調査したアンケートによると、大人の習い事で一番人気なのは、スポーツ・フィットネス系だそうです。社会人になると学生時代に比べて体を動かす機会が減り、スポーツ好きだった方もつい運動不足になりがちです。そのために体重が知らず知らずのうちに増えたり、プロポーションが変わってきたりしたのを気にしている方も多いのではないでしょうか。体型だけならまだしも、慢性的な運動不足は、放っておくと生活習慣病を引き起こしたり、なんとなく気持ちが晴れない事が続くと心身に不調をきたしてしまうことすらあります。

そんなふうになんとなく体も気持ちも重くなっているタイプの方におすすめなのは、思いっきり体を動かす習い事です。子供の頃にスポーツが好きだった人はもちろんですが、スポーツが苦手だった人にとっても、大人になってからの習い事のスポーツは人と比べたり競争したりせず、マイペースで続けられるものがたくさんあるのでおすすめなのです。勝敗を求めなくても体を動かすことそのものがリフレッシュになるので、子供の頃スポーツ嫌いだった人が、大人になってから体を動かす純粋な喜びにはまってしまうことも少なくありません。体を動かす習い事は、結果が見えやすいのもストレス解消になるポイントです。数ヶ月続けるうちに体型が変わってきたり、顔色が良くなってきたり、健康診断の数値まで変わってくる人もいます。また、こつこつ続けることによって今までできなかった技ができるようになるなど、マイペースに成長できる喜びも味わえます。

リフレシッシュ型の習い事は、競技によるドキドキ感や勝敗の面白さを味わってスカッとしたい方は競技型のスポーツ、じっくりと自分の心身のメンテナンスをしたい方は、ヨガやパーソナルジムなどのフィットネス系にするなど、選択肢もいろいろあります。体が整ってくると、自然と仕事の効率が上がっていい影響を与えることもありますよね。溜まったストレスを思いっきり吐き出したい方にも、リフレッシュ型の習い事はおすすめです。