何か趣味を見つけたい。あるいは自分磨きを行いたい。そんな理由で「習い事」を検討する人は多いでしょう。しかし習い事を始める上で気になるのが「かかる費用」。中には「習い事は高い」または「どれだけかかるか分からない」という理由で、二の足を踏む人も少なくありません。そこでこの記事では習い事について費用の相場や、受講料を安く抑える方法などを紹介します。

社会人が習い事にかける費用の目安は?

まず習い事をしている人が受講にかける費用の相場ですが、株式会社ドゥ・ハウスが2015年に行った調査によると、現役の社会人(20代~50代)が習い事にかける費用は、月額平均11,833円となっています。これは年代や習い事のジャンルを問わない総合的な平均値であるため一括りにはできませんが、大人が習い事をする場合、毎月これぐらいは払う必要があるという目安にはなるでしょう。

どの世代にも人気のある習い事としては語学系と運動系(フィットネス・ジムやスポーツ)が挙げられ、習い事をする4人に3人がそれらを選択しています。20代から30代の若い世代ほど語学系やパソコン系など、自分のスキルアップに繋がる習い事を選択する傾向があり、40代、50代と年齢が上がるとともに、運動系・文科系など、レクリエーション要素の高い習い事を行う人が多くなります。

習い事をしている人が一週間当たりに習い事に掛ける時間の平均は大体4時間弱。習い事を始めた理由については「スキルアップにつなげたかった」「趣味として楽しみたかった」という答えが多く見受けられました。

人気の習い事 かかる費用の目安と安く抑える方法

当然ですが、習い事にかかる費用は、その種類や通う頻度によって大きく変わります。習い事にかける費用をできるだけ安いものに抑えたい場合、月々の受講料だけでなく、習い事をはじめる時にかかる初期費用にも目を向ける必要があるでしょう。では実際に習い事を受ける場合、かかる費用はどれくらいを目安としてみれば良いのでしょうか。ここでは一般的に人気のある習い事について、始めるにあたってかかる費用の目安と、費用をできるだけ安く抑える方法を解説します。

英会話教室の初期費用・受講料の目安

幅広い世代で人気のある習い事の語学ですが、その中でも習う人が多いのはやはり『英会話』です。街には数多くの英会話教室があるため、授業内容や費用の選択肢は豊富にあります。英会話教室に通う場合、最初に入会金や入学金を支払うのが一般的で、その相場は20,000~30,000円程度です。また入会・入学と同時に教材を購入する必要があり、それらの相場は15,000~25,000円ほどかかります。つまり英会話を習い事として始める場合、初期費用として35,000円から55,000円程度かかるという事は覚えておきましょう。そのほか英会話教室によっては、受講料と別途に『スクール管理費』がかかる場合があります。『スクール管理費』がある場合、その月の受講の有無に関わらず月額数百円から1,500円程度徴収されるので注意が必要です。

受講料はレッスンの形式や支払い方法の違いによって変わります。少人数レッスンであるほど受講料は高くなり、5~8人のグループレッスンだとレッスン単価は2,000~4,000円、2~4人の少人数レッスンだと2,000~5,000円、マンツーマンレッスンだと6,000~9,000円くらいが一般的な相場です。支払い方法は月謝で支払う形式とレッスン回数で支払う形式があり、レッスン単価を考えると、最初にまとめて支払うレッスン回数での支払いがお得になるケースが多いようです。