子供に習い事をさせて成長させたい、将来的に役立つ能力を身につけさせたいと考えるのは親心としてよくありますが、いつから何を学ばせるのがベストかというと悩んでしまいがちです。子供の習い事はいつから始めさせるのが良いのでしょうか。単純に何歳何ヶ月から始めるのが良いとは言えない理由を理解し、具体的なタイミングを考えられるようになりましょう。

何を学ばせるかによって適切なタイミングは違う

子供の習い事はいつから始めたら良いかを安直に何歳何ヶ月からだと言えないのにはいくつもの理由があります。子供によって発育のスピードに違いがあるからというのも重要な理由の一つで、子供と向き合ってそろそろ始めるべきだと思ったときが最善のタイミングだとも言えるでしょう。ただ、その見極めも簡単ではないので、大まかな目安があった方が良いというのも確かです。タイミングを見極める上で欠かせないのが、予め何を学ばせるかを決めておくことでしょう。習い事の種類によって適切なタイミングにも大きな違いがあるからです。

例えば、英会話を学ばせてネイティブとのコミュニケーションでも苦労しないように育って欲しいと思うケースがあります。国際化が進んでいる影響で、グローバル社会で活躍できるような子に育てたいと思うと良い選択肢の一つでしょう。この場合には少しでも早く始めるのが大切で、およそ三歳までの間に耳を慣らせられるかどうかでヒアリング力や発音の良し悪しが大きく左右されてしまうと言われています。生まれてすぐというのは難しいですが、二歳くらいには遊びながらできる英語学習を始めるのが効果的です。

楽器を学ばせたいというのもよくあるパターンで、バイオリンやフルート、ピアノは代表例として知られています。プロのように美しく演奏できるように育てたいと考えているときには、音感を育むことが重要です。音感はやはり三歳くらいまでにほぼ発育が終了してしまうので、それまでに能力を開発することが必要になります。ピアノやフルートの調律をしたり、バイオリンを正確な音で演奏できるようになったりするためには、一歳や二歳の頃から音に慣らしていくことが欠かせません。絶対音感や相対音感を身につけさせたいという場合には特に重要なポイントで、遅くとも三歳までには音のトレーニングは終わらせられるようにした方が良いでしょう。

一方、スポーツになると習い事を始める適齢がかなり異なります。一歳や二歳といった年齢ではまだ身体能力が十分になく、あまり運動するのに適してはいません。早くても幼稚園に入る頃から始めるのが賢明で、怪我などのリスクも少なくなります。特にサッカーやバレーボール、バスケットボールなどの球技では身体能力だけでなく空間認識能力なども求められるので、幼稚園生でも子供によっては難しい場合もあり、小学校に入学してからの方が良いこともあるでしょう。水泳や陸上競技、体操やダンスなどの場合には幼稚園くらいから始めた方が上達します。体の動かし方の感性を磨くことや柔軟性を獲得することは幼いうちの方が適しているからです。また、柔道や剣道などの武道についても怪我の危険も伴う他、精神面もある程度発育していないと取り組むのが難しいので小学生になってからの方が安全です。

この他にも絵画や茶道、華道などの芸術や、プログラミングなどの将来的には仕事に役立つようなものも幼いうちから習うことが可能です。書道やそろばん、将棋や囲碁などの習い事もできるところがあります。このような習い事は年齢制限を設けてある場合が多く、三歳以上か小学生以上というのが一般的です。芸術のセンスは幼いうちに磨いた方が広げられるので、三歳くらいで始めるに越したことはありません。一方、プログラミングやそろばんなどのように思考力を要求されるものは小学生くらいにならないとしっかりとした内容を学べないのが一般的です。

このように習い事の種類に応じて適切なタイミングは違いますが、およそ幼稚園入園前、入園後、小学校入学後のどれかが始めるのに適した時期になるでしょう。ただし、この考え方はあくまで習い事をするからには最大限の効果を得るのを目的にしている場合に合っていて、習ったことでプロなれる可能性がある方針です。親心として子供に習い事をさせるときには、必ずしもプロ並みの能力を身につけさせたいと思っているとは限らないでしょう。そのため、安易にこのような三つのタイミングのどれかが最適だと考えてしまわないようにするのも大切です。