小学生に人気のあるスポーツ系習い事とその現状

スポーツ系で人気のある習い事は「スイミング」「サッカー」「野球」「武道系」です。この中で男女を問わず最もポピュラーなのはスイミングです。必要なものも水着や帽子、ゴーグルなどで大抵はスクール指定のものを購入します。月額授業料は5,000円から8,000円といったところですが、いわゆる選手育成コースのような上級コースになると月額10,000円を超える場合もでてきます。ただし大会参加などの費用はさほど大きくはありませんし、体調不良で欠席した場合などの振替なども比較的融通のきく習い事です。

サッカーは男の子に人気の高い習い事です。月額で3,000円程度のものから、少し本格的なクラブチームなどで8,000円ほどが必要で、それ以外にはシューズとユニフォーム、練習着などを準備しなければなりません。また強豪チームなどでは夏休みや冬休みの期間に遠征や合宿が組まれることもあります。その場合は遠征費や合宿費が必要になります。行き先や日数によっても異なりますが、合宿では20,000円から40,000円程度が相場となっています。野球も昔から男の子に人気の習い事です。月額の費用もサッカーとほぼ同額です。ただしサッカーよりバットやグローブなど用意する道具が多い分だけ初期費用が若干高めになります。

武道系は空手や柔道、剣道などの習い事です。礼儀作法や精神面を鍛えることを望む保護者から根強い人気があります。月額は5,000円程度が相場です。それ以外に初期段階で必要なものは道着や防具などを用意する費用です。ほとんどのケースでは指定のものを購入することになります。ただ名入れなどが必要な場合はその分費用が数百円から数千円程度上乗せになります。加えて定期的に受験する昇級試験や昇段試験などの受験料も必要になり、合格すると帯の色が変わりますから新たに帯を購入しなければなりません。1,000円程度ですがこれも頭に入れておく必要があります。

小学生に人気のある学習系習い事とその現状

学習系は子供に人気があるというより保護者からの支持が高い習い事です。「学習塾」「プログラミング教室」「公文式」「そろばん」「英会話」などがその中心です。低学年ではそろばんや公文式に人気がありますが、高学年になると学習塾の比率が高くなっていきます。また2020年から必修化のプログラミングなどにも注目が集まっています。このなかで月額授業料が安いのはそろばんと公文式で、月額5,000円から8,000円程度が相場となっています。英会話とプログラミング教室はそれよりも価格帯が多少高めに設定されていて、月額10,000円から15,000円ほどは必要です。どちらも授業料以外に教材費が必要となります。英会話の教材費は数千円程度ですが、プログラミング教室ではロボットキットなどが必要になる場合は数万円程度がかかることもあります。また通常はタブレットなどが用意されていますが、入会時に購入しなければならない場合もあります。英会話ではイングリッシュキャンプなどのイベントが開催されることも多く、参加費が必要になることもあります。

学習系習い事は他の習い事と異なり、各種アプリやスカイプなどを使用したオンライン学習も豊富に揃っています。この場合は安いところで月額3,000円程度から始めることができます。ただし家で学習すると集中力が続かない場合もありますので、子供と良く話し合ってから導入しなければ長続きしないこともあります。

学習塾は日常の学習を補うスタイルのものと受験対応の本格的なものがあります。補習スタイルの塾なら小学生で月額12,000円から17,000円、中学受験などに対応した受験指導塾では30,000円からというのが相場です。教科やコースを追加するとその分費用がかかりますし、夏期講習や受験直前講習などでは十万円前後の費用が必要となります。また学習形態も集団指導の学習塾か個別指導の学習塾に分かれます。子供の個性によってどちらのスタイルで学ぶかを判断しなければなりません。このなかで最も安いのは補習スタイルの個別指導です。