小学生になると、習い事を始める子供が増えてくる傾向があります。習い事をすることにより、たくさんの学びがあるのは間違いのないところです。ですが、習い事ばかりになってしまうと時間がタイトになってしまい、様々な問題が発生する可能性もあります。では、いくつぐらい習い事を掛け持ちしても問題がないのでしょうか。また、いくつもの習い事をさせる時、どのような注意点があるでしょうか。

小学生の習い事の数といくつもの習い事に通う理由とは

小学生の習い事の数を見ると、低学年と高学年で異なりますが、平均的には2個から3個ぐらいになっています。習い事も、1週間に2回ほど通わなければならないこともあります。そうすると1週間のうち半分ぐらいは何らかの習い事をしている傾向があるでしょう。このように、いくつもの習い事をしている子供がいるのは、学校の勉強以外でもたくさんのことを学んでほしいと親が考えている傾向があるからです。特に教育熱心な家庭は、いくつも習い事をさせることで様々な能力を高めてほしいと考えているでしょう。

実際にどれぐらいの習い事が理想かは、その子供のタイプによっても異なるところです。比較的内向的な子どもは、2つ以上の習い事をするだけでも、かなり精神的に辛くなってしまうことがあります。ですが、社交的な子どもは、3つから4つの習い事をしても、それほど苦痛に感じないことが多い傾向にあります。つまり、絶対にいくつ以上の習い事をさせてはいけないという決まりがあるわけでなく、その子供の性格をよく考えて負担のないような形で通わせるのがよいでしょう。

その一方で、子供の方から自分の意志で行きたいということもあるでしょう。例えば、友達が習い事をしているので、一緒に習い事をしたいというパターンです。金銭的な問題がなければ、親としても子供の希望通りにさせてあげたいと思う家庭が多いですので、この場合には結果的に習い事が増えていくことになります。このように、少しずつ増やしていくと、1週間のスケジュールの半分近くが、あるいは1週間のスケジュールのほとんどが習い事で埋まってしまうことになります。

習い事をいくつも通わせるメリットとは

習い事は、多すぎても負担になってしまいますが、たくさん行うことが悪いこととは限りません。いくつかの習い事を行うことのメリットも、見逃すことが出来ません。そのうちの一つが、子供のコミュニティーが拡大することです。小学校だけに通っていれば、少なくとも小学校の友達とのつながりはありますが、ほかの学校の生徒と仲良くなることは難しいでしょう。ですが、習い事をするとほかの小学校の生徒や学年の違う子供とも仲良くなれる機会があるため、接する人数が増えてきます。様々な人に接することで、視野の広い子供に育つ可能性があるでしょう。

次に、多くのスキルが身に付くこともメリットのひとつです。これにより、自分の得意なことがわかるだけでなく、逆に苦手なことも分かるようになります。将来自分の人生を選択するとき、子供のころの習い事がヒントになっていることもあるでしょう。そのように考えれば、将来の自分の可能性を少しでも広げることができます。親としても、自分の子供の意外な一面を発見できるかもしれません。

最後に、計画性が身に付くこともメリットです。毎日習い事をしている場合は、何時から何時まで習い事に行かなければならないというスケジュールを頭に入れることになります。これにより、自分で遊ぶ時間を切り上げたり、帰宅して勉強の計画をする力が身に付く可能性があります。