子供には無限の可能性があると言われています。親としては子供にどんな才能があり、それをどう伸ばしてあげられるのかと悩むものでしょう。楽しんで習い事に通ってくれるのであれば良いですが、「子供の可能性を広げるために」と始めた習い事でも子供が嫌がる場合もあります。嫌がるからとその都度辞めてしまっては、辞め癖がつくのではと心配になるでしょう。ここでは、子供が習い事を嫌がった際の対応法について紹介します。

続けるか辞めるかの2択ではなく、子供への接し方がカギになる

子供の可能性を広げたいと思うのは親心とも言えます。環境を整えることで子供の才能は花開くため、できるだけさまざまな経験をさせてあげたいと思うのが親心です。特に低年齢で始める習い事では、子供自身の思いよりも親の願いが大きく影響しているでしょう。親心から始めた習い事を子供が嫌がる場合、親としてはできれば通い続けて欲しいと思うのも当然だと言えます。なぜなら、「子供のため」に始めたことだからです。

しかし、「子供のため」だからと言ってイヤなことを無理に強いるのは良くないでしょう。強制してでも続けることで、後々子供が「あのとき習い事を辞めないで良かった」と思う日が来ることもあるかもしれません。しかし「行きたくないのに親が辞めさせてくれないから」と習い事を続けていると、場合によっては親に対する不満が膨らむことにもなるでしょう。では、親としては辞めさせたくない思いを持ちながらも子供が習い事を嫌がった場合、どうすれば良いのでしょうか。

子供が習い事を嫌がる場合の対処法としては2択あります。習い事を「続ける」か「辞める」かです。しかし、その2択の間にはさまざまな対応の仕方が存在します。「続ける」という選択肢1つとっても、「習い事は辞めないけれど、通う日時を変える、もしくは先生を変える」といった方法もあります。「1度お休みしてみる」というのも「辞める」に近い「続ける」対処法と言えるでしょう。何よりも親子でじっくり話し合うこと、子供と向き合うことが大切です。