本文へスキップ

子供に習い事は必要?させる意味とメリットデメリットとは | まなび隊

子供に習い事は必要?させる意味とメリットデメリットとは

小学校入学前、もっと早ければ未就園児であっても習い事をさせている家庭というのも少なくはなくなってきました。特に音楽など感性が必要とされる習い事の場合、まだ自分の意志も表せない乳児期から開始するということもあります。はたして、小さいころから習い事をさせることに意味はあるのでしょうか。習い事により受けるメリット・デメリットについてご紹介します。


習い事をする意味とは

子供になんらかの習い事をさせようと考えている親の疑問に上がるのは何歳ごろから始めさせるのがよいのかということではないでしょうか。幼稚園や保育園に入園してから、子供自身の意志で始めるのであればまだしも、幼稚園の受験対策などで習い事が必要な場合、始めるのは子供の意志というよりも親の意志です。習い事はさまざまな種類があり、それぞれに特徴や方針があります。まずは、習い事の種類ごとに始めさせる意味についていくつか具体例を挙げご紹介します。

水泳(スイミング)は、小学生以下の習い事でもトップクラスの人数が習っています。赤ちゃんは生まれてくる前にお母さんのおなかの中で羊水という水の中に浸かっているから、新生児から1歳ごろまでは水の中に入れると自然と泳ぎだすという話を聞いたことがある方もいることでしょう。また、東大に合格した人のおよそ65%がスイミングに通った経験があるという研究結果もあり、人気の高い習い事です。実際にベビースイミングなど、0歳児向けの水泳のクラスがあるスイミングスクールも少なくはありません。

なぜ、スイミングが数ある運動系の習い事でも上位に来るのでしょうか。それにはいくつかの理由があります。まず、スイミングは水中で全身を使って行う運動ですので、基礎体力がつきやすいです。体力がつくことにより、体が丈夫になり健康に役立つという効果が期待されます。さらに、水中で浮力が補助してくれますので、関節や骨、筋肉といった体の構造に負担がかかりにくいです。乳児期から幼児期は体の成長が著しく、負荷をかけすぎると成長が阻害されてしまうこともあります。そのため、スイミングは負荷が重すぎず、バランスよく筋力と体力を鍛えることができます。

そして最大のメリットは、水を恐れずに泳げるようになることです。初めは水を怖がっていても、回を重ねるごとに水に慣れ、お風呂やシャワーなども怖くなくなることが多いです。また、プールや海など泳ぎに行ったときはもちろんのこと、川遊びや川の近くでの活動などで子供が水に溺れてしまうという事故は大人が気を付けていても防ぎきれるものではありません。そういった万が一の際に、子供が泳ぐ能力を持っているのか否かは命を左右するような重大な分かれ道になる可能性もあります。泳ぐことができなくても、水に慣れていればパニックにならず浮かぶことができ、役に立つかもしれません。

次に人気が高いのは英語や英会話の教室です。早い段階で英語を聞かせることにより、英語に適した耳を育てるという広告を目にすることもあるでしょう。特に日本人は通用する「生きた英語」に触れる機会が少なく、せめて子供だけでも英語が得意になってほしいと考え、早期に英語を習わせる親も少なくはありません。しかし、英語の早期教育はメリットとともに大きなデメリットを抱えている場合もあります。

まず、子供は生まれてくる前から自分の母語がどれであるかを理解しているといわれています。新生児による実験で、母語を聞かせたときと外国語を聞かせたときとで哺乳量を計測すると、母語を聞かせたときの方がよりよくミルクを飲むという結果になりました。つまり、言語を聞き取る耳というのは胎児期から育まれているということです。もちろん、早期の英語教育により「R」と「L」の違いなどの聞き取りや発音がきれいになりやすいですが、言語は継続して学習をしないと忘れてしまうものです。また、脳も無限に学習することができるわけではないため、母語が身につく前に外国語を学習してしまうと、混乱を起こしたり母語が十分に身につかないといったケースもあります。もし、英語を含めた外国語を早期から取り入れたいのであれば、子供が習い事を嫌いにならないように、子供のペースに合わせた学習をさせることが重要です。

ピアノやバイオリンといった音楽系の習い事は、特に女児を持つ親にとって人気の高い習い事の1つでもあります。楽譜を読み取る能力や実際に指を動かすのは早く始めたほうが上達しやすいとも言われています。子供が音楽を嫌がらずに、新しい曲や好きな曲を自分で演奏できるようになり、それを喜んでいるのであれば続けたい習い事ともされているため、享受できるメリットは大きい習い事です。


習い事はさせたほうがいいのか

習い事を始めさせるときに、子供にとって意味があるのかないのかはあまり大きな問題ではありません。特に未就園児の場合、まだ自分の夢が決まっておらず将来への可能性は無限大です。そのため、習い事と考えずに子供の体験と考えてやってみることが重要です。せっかく習い事を始めてみても、子供が嫌がって続けられなければ意味が少なくなりますので、どうせなら教室の体験などに積極的に参加して、子供の特性に合ったものを選ぶとよいでしょう。

特に0歳から2歳ごろまでの低年齢の間は子供の習い事に過度の期待と意味を考える必要はありません。基準となるのは親子で楽しんで習い事を続けることができるかどうかです。ベビースイミングは基本的に親子でプールに入り、水に慣れます。運動を通して親自身もストレスの発散などリフレッシュにもなりますし、子供も体力を使いますので母乳やミルク、離乳食をよく口にし、疲れて夜もよく眠りやすくなります。2歳ごろになると、いわゆる「イヤイヤ期」に突入し、自我の芽生えと共にいろいろなことを自分でやりたがる時期です。この時期は、子供の自主性を優先して行えるような習い事がおすすめです。

幼稚園や保育園に入園するような年齢になれば、自分の意志をはっきりと主張できる子供もいます。もし、本人が何かやりたいことがあるのであれば、それを優先させてやるのもよいでしょう。また、初めての集団生活を通じて、誰かと一緒に何かをやるといった集団行動を好む子供もいます。その場合はグループレッスンがある教室というのもおすすめです。ただし、自分から始めたいといっても思っていたのと違ってすぐにやめたいという子供もいます。その場合、頭ごなしに叱るのではなく、子供が楽しんで続けられるような工夫をしたり、しばらく習い事を休んだりといったことが必要です。


習い事をさせることのメリット

小さいころから習い事を始める大きなメリットは、子供の将来的な可能性を広げることができる点です。早いうちから様々な体験をしておくことで、それが将来の夢につながることもあります。また、新しいことに挑戦し、それが達成されたときには子供の脳内に多くのドーパミンという快楽物質が分泌されます。それが脳の活性化につながり、子供のよりよい成長を促します。精神的な成長がその後の発達を促すこともありますので、できないからと言ってあきらめさせるより、子供が嫌がっていないのであればしばらく継続する方がよいでしょう。

習い事をすると子供の世界が広がります。多くの未就園児であれば、子供の世界の中心は家庭の中という非常に狭いものですし、幼稚園や保育園に通っていてもまだまだ社会は小さいものです。それが習い事を始めると、子供にとっては新しいコミュニティに入ることにもなります。多くの経験はもちろん、多くの人と関わり合いに慣れることも習い事をさせるメリットの1つです。

また、このコミュニティの広がりは子供だけではなく、親にとってもメリットがあります。未就園児、とりわけ0歳児などの低年齢を抱えている親は孤独感を感じやすいとも言われています。特に専業主婦など、社会的なつながりを直接的に持たない母親はその傾向が強く、家にこもりっきりでそれがストレスなどになる場合もあります。低年齢の子供の習い事は多くの場合親が付き添いますので、その際に同年齢や月齢の近い子供を育てる親と交流をすることで、悩みの共有や世間話などをすることができます。

現代の子供は、昔の子供に比べると大きな怪我をしやすいと言われています。文明の発達により、日常生活で身についていた基礎体力や筋力などが育たなくなったことが原因の一つとされており、体の動かし方などが分からない子供が増えてきています。また、外で遊ぼうとしても遊具の減少やそもそも遊べる場所がなくなっているなど、日常生活で運動ができる機会が減ってきています。運動は、子供の健やかな成長に欠かせないものです。特に成長期の子供にとっては運動神経の発達や、平衡感覚の獲得に不可欠です。そのため、運動系の習い事はこういった子供の成長に大きなメリットをもたらします。

家庭によっては1つだけではなく、複数の習い事をさせるという方針のこともあります。たくさんの技術が身につくことはもちろん、より多くの人と関わり合いになることができます。また相乗効果もあり、別の習い事で身につけた知識や技術が他の習い事に役立つこともあります。時間は有限で、習い事もしながら他にやりたいこともあるのであれば、物事を要領よくこなす必要があります。低年齢のころは親がスケジュールを調整しますが、大きくなると自分で管理することができます。その際に、どうすればより効率的に物事を進められるのか、多くの時間を確保できるのかということを考えられるのも、複数の習い事をさせるメリットでもあります。


習い事をさせることのデメリット

習い事をさせうる上で考慮しておかなくてはならないことが、デメリットの存在です。いくら親が子供のために習い事をさせようと考えていても、子供にとってデメリットが大きくなってしまっては意味がありません。習い事を嫌いになるばかりか、習い事を強制する親と不仲になるという最悪のケースもありますので、始める前にどんなことが想定されるかを考えておくことが重要です。これらのデメリットと加味して子供にメリットが大きい場合は習い事をさせてみてもよいでしょうが、デメリットが大きすぎる場合は習い事の開始を見送ったほうが無難です。

まず子供にとって最大のデメリットと言えるのが「遊ぶ時間が減る」ということです。子供にとって遊びの時間というのは親が考えている以上に大切なことで、友達作りにも一役買っています。習い事によっては、週に複数回レッスンがある場合や、家で練習をしなくてはならない場合などがあります。この友達と遊べなくなることや、繰り返し行われる練習が嫌になって、習い事そのものが嫌いになる子供も少なくはありません。また、時間が無くなって困るのはなにも遊ぶ時間だけではなく、低年齢の子供であれば睡眠時間が足りなくなるという場合もあります。低年齢の子供は夜間の睡眠だけでは十分ではなく、お昼寝などを必要としていますが、レッスンの時間に眠気がやってくることもあり、その場合はレッスンにならないことがほとんどでしょう。

そして、時間の不足を感じるのは子供だけではなく親も同じです。家族でコミュニケーションをとる時間が減ったり、習い事によっては土日にレッスンや発表会などが開催されると出かける頻度も少なくなってしまいます。他に兄弟がいるのであれば、その子にも我慢させてしまう結果になるかもしれません。また、子供が低年齢のうちは習い事への送り迎えや付き添いなど、親にもある程度のまとまった時間が必要です。ある程度大きくなっても発表会や試合など、親が手伝いをする必要のある習い事もあり、休日に時間を空けておかなくてはならないこともあります。

親にとってのデメリットは、経済的な負担が挙げられます。1度道具をそろえれば使い続けられるが高価なものや、1つ1つの単価は低くても消耗品であったり体の成長に合わせて買い替える必要があったりとさまざまです。また、毎月のレッスン代も複数習うのであれば高額になります。発表会があるような習い事であれば衣装代や参加費用といった必要経費や、先生へのお礼代がかかることもあります。


子供に習い事をさせるのならば

子供にとって習い事というのはメリットもデメリットもあります。子供の成長を促すのに必ずしも習い事が必要というわけではありませんが、可能性を広げるためには有益な習い事も多くあります。そのため、デメリットもある程度は念頭に置きながら、何事も経験と子供に試させてみるというのもよいのではないでしょうか。過度な期待はせず、子供がやりたいようにのびのびと成長を見守ることが大切です。