本文へスキップ

小学生の子供におすすめの安い習い事 | まなび隊

小学生の子供におすすめの安い習い事

子供が成長して小学生くらいになってくると気になってくるのが習い事です。可能な限り子供の才能を伸ばしてあげたいと思う親心から、できるだけのことをしてあげたいとは思いますが、問題になるのは月謝などの費用です。習い事の種類にもよりますが、一般に数千円から数万円は毎月かかります。安い習い事とは何かを検討していきます。


小学生に人気のある芸術系習い事とその現状

子供の習い事にかける費用の相場は平均で13,000円ほどとなっています。ただし小学生の高学年になってくるとこの費用は大きくなっていきます。その理由は5年生くらいから学習塾などに通い始める子供が多くなるためです。年齢別にもう少し詳しくみていくと、平均習い事数で未就学児約1.6、小学生低学年約2.0、小学生高学年約2.1となっています。また平均月額費用は未就学児約10,000円、小学生低学年約13,000円、小学生高学年約16,000円(2017年リクルート調べ)となっています。やはり習い事にかかる費用の相場は月額10,000円程度となっています。もちろん兄弟姉妹で通うことになるとその2倍が必要になってきます。

費用の相場を確認したら次はその内容です。「小学生に人気がある習い事にはどんな種類があるのか」について、まずは芸術系からまとめます。芸術系の習い事として人気があるのは「ピアノ」「バイオリン」「バレエ」「書道」といったところです。中でもピアノは最もポピュラーな習い事です。幼いころから始める子供が多く、1歳児から5歳児までの未就学児なら月額7,000円から8,000円程度が相場です。小学生になるとより専門的なコースに進むことになり月額費用も10,000円から15,000円ほどになります。ただし月額の授業料以外にも教材費が必要になりますし、何よりも大きな費用は家庭にも用意しなければならないピアノの代金です。グランドピアノというわけにはいきませんが、アップライトや電子ピアノ、キーボード程度でも数万円から数十万円は必要になります。より本格的に練習を進めていくと個人レッスンなどが必要になるケースもあり、その場合は一回のレッスンで10,000円ほどの謝礼を支払うことになります。

バイオリンはさらに費用のかさむ習い事です。授業料の相場は12,000円から20,000円ほどですが、バイオリンはピアノと異なり成長していく体格や手の大きさに合わせる必要から、定期的に楽器を買い替えなければなりません。小学生が使用する初学者用のモデルでも一挺数万円から十数万円は必要です。またピアノにも定期的に調律が必要なようにバイオリンも弦の張り替えや弓の買い替えなどが必要であり、こちらも定期的な出費となり費用がかさむこととなります。ピアノ同様に個人レッスンを受けるとその分の費用も必要になります。総じて音楽系の習い事は、子供がのめり込んで一生懸命に取り組むほど、必要な費用がどんどん膨らんでいくことになります。

バレエは初期費用がさほどかからない習い事です。用意するものはシューズや練習着などで月額授業料も10,000円ほどとピアノやバイオリンと比較して安く済ませることができます。ただし発表会などがあると会場使用費や発表会用衣装の準備などに費用がかかります。一度の発表会で数万円から十数万円が必要になるケースがあります。入会前に発表会などのシステムについて会場使用費の負担割合など確認しておく必要があります。

書道は芸術系の中で最も手軽に始められる習い事です。必要なものは筆や墨など書道道具一式のみです。しかも書道道具は小中学校でも使用しますから同じものを使用することが可能な分だけお得です。月額授業料も4,000円程度で済みますし、それ以外に必要なものも半紙や墨汁などの消耗品の補充、昇級試験の受験料程度ですから何万円もが一度に必要になることはありません。「字は体を表す」といいますからきれいな字を身につけておくと一生の財産にもなります。手書きの文字を目にする機会が減りつつある時代だからこそ、逆に注目が集まっています。


小学生に人気のあるスポーツ系習い事とその現状

スポーツ系で人気のある習い事は「スイミング」「サッカー」「野球」「武道系」です。この中で男女を問わず最もポピュラーなのはスイミングです。必要なものも水着や帽子、ゴーグルなどで大抵はスクール指定のものを購入します。月額授業料は5,000円から8,000円といったところですが、いわゆる選手育成コースのような上級コースになると月額10,000円を超える場合もでてきます。ただし大会参加などの費用はさほど大きくはありませんし、体調不良で欠席した場合などの振替なども比較的融通のきく習い事です。

サッカーは男の子に人気の高い習い事です。月額で3,000円程度のものから、少し本格的なクラブチームなどで8,000円ほどが必要で、それ以外にはシューズとユニフォーム、練習着などを準備しなければなりません。また強豪チームなどでは夏休みや冬休みの期間に遠征や合宿が組まれることもあります。その場合は遠征費や合宿費が必要になります。行き先や日数によっても異なりますが、合宿では20,000円から40,000円程度が相場となっています。野球も昔から男の子に人気の習い事です。月額の費用もサッカーとほぼ同額です。ただしサッカーよりバットやグローブなど用意する道具が多い分だけ初期費用が若干高めになります。

武道系は空手や柔道、剣道などの習い事です。礼儀作法や精神面を鍛えることを望む保護者から根強い人気があります。月額は5,000円程度が相場です。それ以外に初期段階で必要なものは道着や防具などを用意する費用です。ほとんどのケースでは指定のものを購入することになります。ただ名入れなどが必要な場合はその分費用が数百円から数千円程度上乗せになります。加えて定期的に受験する昇級試験や昇段試験などの受験料も必要になり、合格すると帯の色が変わりますから新たに帯を購入しなければなりません。1,000円程度ですがこれも頭に入れておく必要があります。


小学生に人気のある学習系習い事とその現状

学習系は子供に人気があるというより保護者からの支持が高い習い事です。「学習塾」「プログラミング教室」「公文式」「そろばん」「英会話」などがその中心です。低学年ではそろばんや公文式に人気がありますが、高学年になると学習塾の比率が高くなっていきます。また2020年から必修化のプログラミングなどにも注目が集まっています。このなかで月額授業料が安いのはそろばんと公文式で、月額5,000円から8,000円程度が相場となっています。英会話とプログラミング教室はそれよりも価格帯が多少高めに設定されていて、月額10,000円から15,000円ほどは必要です。どちらも授業料以外に教材費が必要となります。英会話の教材費は数千円程度ですが、プログラミング教室ではロボットキットなどが必要になる場合は数万円程度がかかることもあります。また通常はタブレットなどが用意されていますが、入会時に購入しなければならない場合もあります。英会話ではイングリッシュキャンプなどのイベントが開催されることも多く、参加費が必要になることもあります。

学習系習い事は他の習い事と異なり、各種アプリやスカイプなどを使用したオンライン学習も豊富に揃っています。この場合は安いところで月額3,000円程度から始めることができます。ただし家で学習すると集中力が続かない場合もありますので、子供と良く話し合ってから導入しなければ長続きしないこともあります。

学習塾は日常の学習を補うスタイルのものと受験対応の本格的なものがあります。補習スタイルの塾なら小学生で月額12,000円から17,000円、中学受験などに対応した受験指導塾では30,000円からというのが相場です。教科やコースを追加するとその分費用がかかりますし、夏期講習や受験直前講習などでは十万円前後の費用が必要となります。また学習形態も集団指導の学習塾か個別指導の学習塾に分かれます。子供の個性によってどちらのスタイルで学ぶかを判断しなければなりません。このなかで最も安いのは補習スタイルの個別指導です。


比較検討のすすめ

習い事の現状を確認してきましたが、一般的に習い事には月額10,000円程度は必要な費用として見込まなければなりません。決して安い費用ではありませんが、相場と比較してあまりにも安すぎると指導される内容や使用する教材、講師の質などに問題があることもあります。習い事として通う以上は子供の成長に良い影響を与えるものでなければなりません。かかる費用と内容のバランスを吟味して検討する必要があります。つまり「安く始められる習い事」とは、単に必要な費用が一番安いということではなくて、かけた費用以上のメリットが感じられるコストパフォーマンスの高い習い事ということになります。

また習い事特有の視点として、子供が楽しく通うことができているかどうかという問題があります。せっかくお金をかけて通わせているのに子供が行きたがらない、やりたがらないのでは何をやっても身につくことはありません。習い事を決める際には保護者の希望だけではなく子供の気持ちも大切です。無理やり行かせてもあまり成果は期待できません。費用以上に大切なことは子供の意欲です。ただし強制ではなく意欲を促すこともできます。いわゆる「やる気を引き出す」という環境においてあげることが必要です。習い事の講師の中には、そのようなテクニックに長けている人も多くいます。同じ習い事でも違う教室に通って見違えるようになったということはよく聞く話です。どの習い事にするのかを決めたら、どの教室に通うのかを子供とともに検討します。

多くの習い事が数回から1ヶ月ほどの「体験期間」を設けています。まずはお試し期間として通ってみて教室の指導方針やクラスメートの様子、講師の質などを見極めてから入会するようにします。できるなら複数箇所を見て比較検討することをおすすめします。また一回だけの「見学」を受け入れてくれる習い事も多数ありますから、いくつかの候補をあげて見学を申し込みます。通常は見学に費用がかかることはありませんので、気軽に相談できます。どこに見学に行くのかの情報収集のきっかけは口コミです。インターネットなどで調べることができるのは場所と費用、カリキュラムなどであり、指導内容や講師の質は実際に通っている人の口コミが最も信ぴょう性の高い情報になります。同じ学年や上級生の保護者から口コミ情報を仕入れて実際に足を運んで内容を確認します。


安く始められるおすすめの習い事

ここまで現状を確認してきて、安く始められる小学生の子供の習い事としておすすめできるものは「書道」です。初期費用も安く必要な道具類も小学生が使用するレベルのものなら比較的安価に用意することができます。何よりも「綺麗な字を書くことができるようになる」ことは一生の財産になります。入会時も手軽に始められますし、継続して通っていても大きな出費が必要になることはありません。回数も週1回程度ですから送迎の手間もさほどかかりません。安く手軽に始められて、身につけたスキルが一生ものになるという点においてコストパフォーマンスが最も高い習い事ということができます。

スポーツ系も選び方によっては安く始めることができる習い事です。スイミングは用意しなければならない道具類が最も少なくて済みますから、初期費用があまりかかりませんし「1級までやったら終わりにしよう」というように子供にもわかりやすい目標を設定しやすい習い事です。野球やサッカーは本格的なクラブチームに所属すると費用がかさみますから、地域のチームでコーチがボランティアでやっているような団体を選びます。ただしこの場合は土日の練習時にコーチに飲み物や食事の差し入れなどしていることが多く、それを保護者が交代で担当しているということと、保護者が交代で車を出して近所の子供たちをまとめて送迎するというルールがあることが一般的です。このように地域のチームならお金はかかりませんが、その分保護者が時間を割かなくてはなりません。

学習系で最も安く済むのはオンライン学習の形態です。スマートフォンやタブレットを使用して専用アプリなどを通じて学習していくスタイルで、自宅で行いますから送迎の必要もありません。ただし前述のように自己管理が必要になってきますので、小学生では成果に多少の不安が残ります。安く習い事を始めるなら学習系はあまりおすすめできません。


安い習い事とは

子供が小学生になると、周りの子供が習い事に通い始めることが多くなります。それに触発されて本人から「自分も通いたい」という声が上がることもありますし、保護者が「うちも何か始めなければおいていかれるかも」と不安になるということもあります。しかし大切なことはその習い事は本当にお金をかける価値があるのかという見極めです。安い習い事とは費用対効果の高い習い事のことです。