本文へスキップ

小学生にはいくつぐらい習い事をさせるのがよいか | まなび隊

小学生にはいくつぐらい習い事をさせるのがよいか

小学生になると、習い事を始める子供が増えてくる傾向があります。習い事をすることにより、たくさんの学びがあるのは間違いのないところです。ですが、習い事ばかりになってしまうと時間がタイトになってしまい、様々な問題が発生する可能性もあります。では、いくつぐらい習い事を掛け持ちしても問題がないのでしょうか。また、いくつもの習い事をさせる時、どのような注意点があるでしょうか。


小学生の習い事の数といくつもの習い事に通う理由とは

小学生の習い事の数を見ると、低学年と高学年で異なりますが、平均的には2個から3個ぐらいになっています。習い事も、1週間に2回ほど通わなければならないこともあります。そうすると1週間のうち半分ぐらいは何らかの習い事をしている傾向があるでしょう。このように、いくつもの習い事をしている子供がいるのは、学校の勉強以外でもたくさんのことを学んでほしいと親が考えている傾向があるからです。特に教育熱心な家庭は、いくつも習い事をさせることで様々な能力を高めてほしいと考えているでしょう。

実際にどれぐらいの習い事が理想かは、その子供のタイプによっても異なるところです。比較的内向的な子どもは、2つ以上の習い事をするだけでも、かなり精神的に辛くなってしまうことがあります。ですが、社交的な子どもは、3つから4つの習い事をしても、それほど苦痛に感じないことが多い傾向にあります。つまり、絶対にいくつ以上の習い事をさせてはいけないという決まりがあるわけでなく、その子供の性格をよく考えて負担のないような形で通わせるのがよいでしょう。

その一方で、子供の方から自分の意志で行きたいということもあるでしょう。例えば、友達が習い事をしているので、一緒に習い事をしたいというパターンです。金銭的な問題がなければ、親としても子供の希望通りにさせてあげたいと思う家庭が多いですので、この場合には結果的に習い事が増えていくことになります。このように、少しずつ増やしていくと、1週間のスケジュールの半分近くが、あるいは1週間のスケジュールのほとんどが習い事で埋まってしまうことになります。


習い事をいくつも通わせるメリットとは

習い事は、多すぎても負担になってしまいますが、たくさん行うことが悪いこととは限りません。いくつかの習い事を行うことのメリットも、見逃すことが出来ません。そのうちの一つが、子供のコミュニティーが拡大することです。小学校だけに通っていれば、少なくとも小学校の友達とのつながりはありますが、ほかの学校の生徒と仲良くなることは難しいでしょう。ですが、習い事をするとほかの小学校の生徒や学年の違う子供とも仲良くなれる機会があるため、接する人数が増えてきます。様々な人に接することで、視野の広い子供に育つ可能性があるでしょう。

次に、多くのスキルが身に付くこともメリットのひとつです。これにより、自分の得意なことがわかるだけでなく、逆に苦手なことも分かるようになります。将来自分の人生を選択するとき、子供のころの習い事がヒントになっていることもあるでしょう。そのように考えれば、将来の自分の可能性を少しでも広げることができます。親としても、自分の子供の意外な一面を発見できるかもしれません。

最後に、計画性が身に付くこともメリットです。毎日習い事をしている場合は、何時から何時まで習い事に行かなければならないというスケジュールを頭に入れることになります。これにより、自分で遊ぶ時間を切り上げたり、帰宅して勉強の計画をする力が身に付く可能性があります。


習い事をいくつか行うときに気をつけたいこと

1週間に3種類から5種類の習い事をしている子供は今や珍しくはありません。この時、どのようなことに気をつけなければならないでしょうか。これを理解することにより、子供の悩みを事前になくすことができ、無理なく通わせることができるようになります。まず、目的が明確になっていることです。ただ漠然となんとなく通っているだけでは、身になりにくいです。やはり、本人が通う目的を理解していることが重要になります。

毎回決まった時間に通っているだけでなく、通った時にどのようなことを身に着けてほしいのかを親は子供に対して問いかける必要があります。これにより、子供にやる気が出るだけでなく、通う意味が明確になりよりしっかりと学ぶでしょう。小学生ぐらいになれば、親の言っていることも理解できますので、子供にやる気が感じられるようならば、親もあまり口を出さずに前向きに子供の成長を見届けてあげましょう。

気を付けたいことの二つ目は、あまりハードスケジュールにならないことです。特に、1日2回習い事をしなければならない子供は、よほど好きな習い事でない限り精神的に負担が大きくなってしまいます。このような時でも、子供は自分の口から内心を吐露しないことも少なくありません。子供は何も言わないからといって、親の方で勝手に習い事の数を増やしたり、現状で満足しているはずだと勝手な推測はしないことです。もしかしたら、子供自身も毎日が忙しく感じることに対して、大きなストレスを感じているかもしれません。それにいち早く気が付いてあげることが出来ることが大事です。

注意したいことの三つ目は、習い事をいくつか掛け持ちをすることにより、時間的な拘束時間が増えてしまい、それ以外の大事なことに時間を使うことができなくなってしまうことです。習い事をするのは決して悪いことではありませんが、そのために学校の宿題ができなくなってしまったり、あるいは家族との時間がなくなって親との思い出の時間が減ってしまうとすれば本末転倒と言えます。そこで、もし習い事をこれから増やしたい場合には、子供の意見をしっかり聞くことが重要になります。親としては、可能なかぎり複数の習い事をさせている子供の表情や、さりげない言葉で判断することです。不満を表に出してくれないのならば、親の方で察するしかありません。


複数の習い事をする場合に親ができることは

小学生といっても6年生までありますので、学年によって習い事をしている数が随分と異なってきます。例えば、まだ入学したての小学校1年生と、もう少しで中学生になる小学校6年生では習い事の数が異なるのもうなずけるでしょう。もし、小学校1年生の時にあまり習い事をしていなかったけども、高学年になるにつれてもう少し習い事を増やそうとする場合には、親の方で、自分の子供が両立できるかを考えておいた方がよいです。

例えば、運動系の習い事をする場合、1日に2種類の運動系の習い事をさせるとかなり体力的な負担が大きくなってしまいます。そのため、曜日をうまく振り分けるか同じ日に二つの習い事を入れるとしても、運動系の習い事と学習系の習いごとを組み合わせるなどの工夫をする必要があります。例えば、火曜日にサッカーの練習をした場合そのあとにダンスレッスンなどの運動をすると、体力的な負担が大きくなってしまいます。ですが、サッカーの練習をした後に習字の習い事をするならば、それほど大きな負担になりにくいです。

また、単にほかの子供が習っているので習わせるのではなく、どのように子供を育てたいかを明確にしてから習い事をさせるべきです。理想としては、かなりたくさんの習い事をさせれば多才になるかもしれません。しかし、時間の関係上限界があります。当然子供の精神的な負担も大きくなりますので、絞り込むことが重要になるでしょう。

後は、可能なかぎり親が送り迎えをすることが重要になります。親も忙しいですので、1日中子供の面倒ばかりを見ているわけにはいきません。ですが、小学生の場合には少し遅い時間になると一人で行動するのは危険ですので、夕方以降は必ず親が送り迎えをするようにした方がよいです。また、大通りを越える場合や大きな川を渡って習い事の教室まで行く場合は、送り迎えが必須になります。もしそのような場面での送り迎えが難しいようならば、無理して習い事をさせるのではなく、別の習い事を辞めてから新たに習い事をさせるのがよいでしょう。つまり、親が子供に付き合える範囲内でいくつかの習い事をさせることです。


次々に習い事を増やさない方法とは

親の立場からすれば、子供にいろいろな経験をさせたいと考えるはずです。例えば、学校に通うことも一つの経験ですが、それに加えて将来的に体力をつけて欲しいならば水泳を習わせることや、サッカーや野球をやらせるのも一つの方法です。それ以外にも、文字をうまく書くために習字の教室に通わせること、素早く正確に計算できる能力が身につくようにそろばん教室に通わせることもできるでしょう。このように、子供の将来のことを考えると何から何までやらせなければ気が済まないという気持ちになって来る人も少なく有りません。

その気持も確かに重要ですが、そうするととにかく習い事の数ばかりが増えていくことになるでしょう。ただ、家庭によっては金銭的な問題があるだけでなく、限られた時間の中で子供に無理をさせている可能性があることを考えると、やはり複数の習い事の中で絞り込みは重要です。では、すべて必要だと感じているとすればどのように習い事を選択したらよいでしょうか。

結論としては、それぞれの習い事の中でゴールを設定することが重要になります。例えば、水泳教室に通う場合、最初は水に顔をつけることが難しいかもしれませんが、1年もするうちに水の中に潜ることや軽く泳ぐことぐらいはできるようになるかもしれません。2年もすれば、クロールや平泳ぎなどができる可能性が高まるでしょう。しかし、プロスポーツ選手などを目指すのでなければ、どこかでゴールを設定しなければメリハリが無くなる可能性も否定できません。将来的に習い事を増やしていくことを前提に考えれば、ゴールを設定せずにだらだらと通わせた結果、習い事だけで一杯一杯の生活になってしまうでしょう。そこで、水泳ならば25mクロールで泳ぐことができれば辞めるなどのように通う前の段階でゴールを決めて、結果が出たらきっぱりとやめるようにしましょう。そして、空いた時間に新しい習い事をして、またゴールを決めれば習い事だけで生活がパンクすることもなくなるでしょう。

そうはいっても、子供もその習い事が好きで通っている場合もあります。このような場合には、無理して辞めさせる必要はありません。もし、ほかの習い事もしたいと子供が言い出したならば、金銭的な問題がなければ3つから4つの習い事を同時並行でやらせることも必要です。ただ、この時子供に頑張れそうか聞くことが重要になります。小学生ぐらいになれば、子供も自分で意思表示をすることができるようになり、自分がどのような状況に置かれているのかもよく理解しています。そのため、親の都合で一方的に決めつけるのではなく、子供と同じ目線と考えて、現状を説明し本人に納得させることが重要です。もしいくつか1つの習い事を増やすことで生活に悪影響を及ぼすようならば、重要度の低い習い事を辞める勇気も必要になるでしょう。


いくつかの習い事をさせて学力が下がってしまった場合

習い事は、あくまで余裕があるときにさせるものです。子供の生活の中心は学校になりますので、学校の勉強がしっかりできていることが重要です。ところが、習い事を増やし過ぎてしまったために、学校の勉強についていけなくなるようなこともあるでしょう。よくある例としては、スポーツ系の習い事を毎週4回から5回ぐらいさせており、毎日宿題をする時間に集中力がなくなり、眠ってしまうような場合です。確かに、習い事をすることにより、専門的な能力が高まる可能性はありますが、習い事のせいで重要な勉強がおろそかになってしまうとすれば本末転倒になります。もし成績が下がった場合には、習い事の回数を減らすようにしましょう。特にスポーツ系の習い事を1週間に何度も行うと、体力のない小学生にとっては大きな負担になってしまいます。

もし、習い事を辞める場合には、しっかり子供に相談をすることも重要です。あくまで親は子供と同じ目線で考えることが重要です。勝手に習い事を解約したことを子供が後で知ったとすれば、親の信頼が失われてしまうこともあります。もし、習い事を辞めたくないと子供が言うならば、勉強も今まで以上に頑張れるか約束しましょう。


小学生にいくつかの習い事をさせるなら確実に知っておきたいこと

小学生にいくつかの習い事をさせるときのメリットは、様々な技術が身につく事や人間関係が広くなることです。ただ、たくさんの習い事をすることにより、子供に大きな負担がかかってしまうこともありますので注意が必要です。親は子供と相談して、どれを続けるべきかそして何を辞めるべきか考えることが必要でしょう。もし続ける場合には、明確なゴールを設定しておくとよいです。