本文へスキップ

社会人になってからの習い事は人生を豊かにしてくれる!素敵な大人の出会いが待っていることも | まなび隊

社会人になってからの習い事は人生を豊かにしてくれる!素敵な大人の出会いが待っていることも

仕事は忙しいけれど、スキルアップや趣味、健康のために習い事を始めたい、という社会人の方は多いのではないでしょうか。習い事は自分を成長させるだけでなく、それがきっかけで新しい出会いが増え、なかには転職や結婚につながったという人もいます。しかし、習い事と仕事を両立できるのかどうかは悩ましいところです。ここでは、社会人から始める習い事のメリットや仕事との両立のやり方などをご紹介します。


社会人が習い事を始める意味とは何か

資格取得や語学教室、フィットネスに料理教室など、社会人の習い事も子供に負けず劣らず充実しています。しかし習い事を始めるにはそれなりの費用と時間がかかります。忙しい社会人であれば、習い事の時間を確保するだけで大変です。にもかかわらず、社会人の習い事が人気なのは、習い事を通じて何かが得られるからではないでしょうか。大人が習い事を始める理由は「スキルアップのため」「趣味を充実させたいため」などそれぞれですが、習い事を通じて資格を取得したり、趣味の分野で認められたりすると、人はもっと上を目指そうと努力します。努力することは必ずしも実を結ぶとは限りませんが、努力は人を成長させ、人生を豊かにしてくれます。他にも、習い事を通じていろいろな人に出会うことで新たな価値観を持つことができます。習い事を始めて新しいことを学ぶことは、そのきっかけを与えてくれるのです。


社会人から始める習い事にはメリットがいっぱい!

これから習い事を始めたいという方のなかには、子供の頃、学習塾やピアノ教室、水泳などの習い事に通っていた方もいるでしょう。このような習い事は子供の意欲や興味を伸ばし、交友関係を広げてくれます。しかしそれは、子供に限らず大人にも言えるのです。社会人が習い事をするメリットをいくつか挙げてみましょう。

『知識が増えることで将来の可能性が広がること』

ある調査によると、大人が習い事を始める理由として最も多かったのは「スキルアップ・自分磨きのため」で、調査対象者の約6割に上りました。会社勤めをしていると、語学やパソコン、金融などの知識がどうしても必要です。またキャリアを積んだり、昇進したりするのに保有している資格が有利に働くこともあります。語学や資格試験のための習い事は知識を増やし、仕事や転職に役立ちます。その他の習い事であっても、興味のあることにチャレンジすることは自分を成長させ、将来の可能性を広げることにつながります。

『趣味やスポーツに打ち込むことで生活が充実すること』

ワーク・ライフ・バランスとは、仕事と生活の調和を目指すものです。生活を充実させることで仕事の効率もあがり、プライベートでさらに時間が使えるようになる、といった好循環が生まれます。大人の習い事で最も人気なのは「スポーツ・フィットネス」(トレーニングやヨガ、ゴルフなど)であるという調査結果がありますが、趣味やスポーツに打ち込むことはストレス発散や健康の維持に効果的です。生活が充実している人ほど幸福度が高く、仕事にもやりがいを感じるようです。

『新たな出会いの場を提供してくれること』

文部省が2017年に発表した「日本人の海外留学状況」によると、海外留学している学生数は短期留学も含めて2016年では96641人でした。特に富裕層は、世界中の富裕層の子息とつながりを求めて子供を海外に留学させることがよくあります。こうして広がった人脈は、ビジネスにおいて特に強い力を発揮します。人との出会いや人脈は、それほど大切なものなのです。一方で、社会人になると「出会いがなくなった」という話をよく聞きます。仕事が忙しくて自由な時間がない、自宅と会社の往復で行動範囲が狭くなったなど、理由はさまざまですが、人脈を広げる機会が減ってしまったことは大きな損失です。習い事に通うことは、資格試験に合格したい、趣味を楽しみたい、など共通の目的や興味を持つ人と出会うことができます。年齢や性別を問わず、幅広い層と人脈を構築することは、仕事に有利に働いたり、異性と恋愛に発展したりすることもあります。


習い事を始める前に注意したいこと

このように習い事にはメリットがたくさんありますが、実際に習い事を始めるにあたっては注意すべき点もいくつかあります。

『習い事に通いやすいかどうか』

社会人の習い事では、教室が職場から離れていると交通機関が遅れたり、急な残業が入ったりして習い事の開始時間に間に合わず、予定をキャンセルしなければならなくなることがよくあります。そのため、習い事を始める際には、平日に通うのであれば職場から近いかどうか、休日に通うのがメインであれば、乗馬やサーフィンなど現地でしかできないような習い事を除いて自宅から近いかどうか、よく検討する必要があります。自分が本当にやりたかった習い事であっても、キャンセルが続いてしまうとその分の費用が無駄になり、モチベーションも下がってしまいます。習い事の予定を入れづらいという場合には、チケット制の講座がおすすめです。チケットの有効期限であればいつでも使用できるので、自分の都合に合わせて受講できます。

『自分の目的や興味に合った習い事であるかどうか』

習い事を始める理由のなかには「家族や友人に誘われたから」「話題にのってなんとなく」といった消極的なものもあります。しかし達成すべき目的が漠然としていると、モチベーションはなかなか長続きしません。親が子供に楽しくもない習い事を強制して、子供が不幸になるケースと同じです。忙しい合間を縫って通うのですから、その習い事が自分の目的に合っているのか、自分が本当にやりたかったことなのかをはっきりさせる必要があります。もちろん、習い事を通じて興味が出てきたり、得意になったりする場合もありますが、そこまでに至る時間や費用を考えるとかなりもったいない話です。

『習い事の費用が高額ではないか』

社会人の習い事といっても、月額3000円程度で気軽に始められるものから、資格試験や英会話教室のように費用が高額なものまでいろいろあります。特に英会話教室は、有名な大手英会話教室で月額1万円、なかには月額9万円という高額なところもあり、どこに通うかで費用にかなり差が出ます。将来のための自己投資として無理をしすぎると、貯蓄や生活費が圧迫され、仕事にも悪影響を及ぼします。子供の習い事は子供の実力が未知数のため費用対効果がよくわからないこともありますが、大人の習い事は自分で費用を出すのですから、かけた金額以上の価値を得ないとお金が無駄になってしまいます。現在会社に勤務中であっても、一定の条件を満たしていれば厚生労働大臣の指定する講座を受講し修了した場合に学費の20%(上限10万円)が支給される教育訓練給付金制度もあるので、気になる講座があれば調べてみるといいでしょう。


習い事は大人の出会いの場!生涯の友人やパートナーが見つかることも

前述のとおり、新たな出会いの場が増えることは社会人の習い事のメリットの一つといえます。出会い方は、他にもマッチングアプリによるものやコンパ、友人の紹介などがありますが、一度限りの出会いでお互いのことが全然わからなくてそれっきりだったということがしばしば見受けられます。その点、習い事は定期的に教室に通うため、お互いに顔見知りから始まって次第に距離が縮まり、時として恋愛に発展したりすることが多いのです。習い事と出会いについて、詳しくみていきましょう。

『思わぬところで人脈がつながる!仕事の面で大きなプラスに』

社会人の習い事には、年齢や性別、職業など関係なく、自分の目的や趣味に合わせてさまざまな人が通っています。普段は知り合えない異業種の人と出会うには、異業種交流会に参加するぐらいしか方法がありませんが、習い事は休憩時間にリラックスした状態で会話を楽しむことができ、交友関係を広げられるという良い点があります。また、同じ目的や趣味を共有しているので会話に困ることがありません。習い事についての質問からお互いの仕事の話になり、転職につながったということもあります。このように習い事には、良質な人脈を広げ、自分の将来につなげるといった効果も期待できます。

『恋愛面でももちろんプラスに!習い事で出会いの機会を作る』

習い事は、恋愛の面から見ても期待ができます。コンパと違って習い事での出会いは、顔見知りという気楽な関係から始められます。趣味を楽しみたくて習い事を始めた場合には、自分と相手との共通点がすでにわかっているので自然と会話が盛り上がります。習い事に行くことがすでに毎週デートしているような状態になって、自然に恋愛へと発展したという話もよく聞きます。恋愛を長続きさせるのに最も効果的な方法は共通の趣味を持つとことだといわれていますが、それはカップルで過ごす時間が楽しくて有意義なものだからでしょう。

また、資格試験に合格したい!など目的がある場合には、利害関係の一致から仲間意識が生まれやすく、時にお互いが厳しいことを言い合うこともあります。しかし目的が達成したあかつきには、仲間から恋愛関係に変わるというケースもよくあることなのです。大きな苦労を乗り越えたカップルは、お互いの長所や短所もよく理解した上で受け入れているので円満な関係になりやすいともいわれています。習い事で出会い、ゴールインしたカップルが多いのはこのような理由によるものと考えられます。


習い事と仕事は両立できる!鍵はモチベーションを保つこと

習い事の意味やメリットについて見てきましたが、それでもまだ習い事と仕事を両立できるか不安、という人もいるかもしれません。社会人の習い事は、仕事をしながらという制約があるため、続けることが難しいということもあります。しかし、コツコツと続けることで自分の成長が感じられるようになると、習い事を続けていく意欲が湧いてきます。習い事と仕事を両立させるポイントをいくつかご紹介します。

『仕事を徹底的に効率化すると習い事の時間を確保できる!』

どんなに頑張っても、人には1日24時間しか与えられていません。食べる時間や睡眠時間を削って習い事に打ち込むことも考えられますが、いずれ体力の限界がきます。そのため、習い事と仕事を両立するには、今の仕事を徹底的に効率化して習い事の時間を確保することが必要です。仕事のタスク管理を見直して無駄と漏れがないようにする。重要なタスクには朝の活動的な時間に集中して取り組む。仕事で使用しているファイルや文房具類をこまめに整理整頓するだけでも、探し物にかける時間を劇的に減らすことができます。仕事を効率化することで社内の評価もあがり、習い事の時間も確保できるという、まさに一石二鳥の効果があります。

『スキマ時間や細切れ時間を有効に使って習い事を習慣づけていく!』

うまく仕事を効率化できたとしても、社会人であれば急な残業や用事で習い事に行けないことはよくあります。特に資格試験の場合は、勉強に遅れが生じるとなかなか取り返しがつかず気づけば不合格に、という笑えない話があるくらいです。それを防ぐためには、通勤時間などのスキマ時間や細切れ時間をうまく活用して、勉強を習慣づけていくことが大切です。1日のうちに30分しか勉強時間を確保できなくても、6日続けば3時間、1カ月では15時間も勉強したことになります。これがスポーツでも同じです。トレーニングを毎日続けることでゴルフがうまくなりたい、ダイエットしたい、などの目的に一歩近づきます。しかしどうしてもやる気が起きない時はスッパリと諦めて、リフレッシュすることも必要です。

『モチベーションを確保するために、小さな目標を立てて達成する!』

習い事と仕事を両立する上で最も重要なのは、モチベーションを維持させることです。仕事が忙しいとつい習い事をおろそかにしがちですが、それでは高い費用を出して習い事を始めた意味がありません。モチベーションを維持させるためには、強い目的意識を持ってそれに向けて努力することが大切ですが、その他にも資格試験の勉強であれば小テストでいい成績を取る、ダイエットであれば夏までに何キロやせる、といった短いスパンで目標を設定し、それを達成することで気持ちにメリハリをつけると長続きしやすくなります。


習い事にチャレンジして、自分の可能性を広げ出会いのチャンスをつかもう!

社会人が習い事を続けることはなかなか大変です。もし続けるのが困難になったら、目的を達成した時の自分の姿を想像してみましょう。将来の自分の姿を具体的に考えてみると、今、自分がすべきことが何なのかわかります。また、習い事を通じて出会った友人や異性の恋人は生涯にわたるかけがえのない存在です。習い事にチャレンジして自分の可能性を広げ、素敵な出会いのチャンスをつかみましょう!